真壁厚生学園

makabe kouseigakuen

日常生活のノウハウを身につけることを
目指す施設です。


真壁厚生学園ではかけがえのない人生をイキイキと暮らしていけるように、
主体的な自己選択・決定をご利用者さまが行えるように自立を視野に入れた支援を行っています。
可能性を開花させるため、注入主義ではなく『開発主義』に基づいたサービスを行っています。

真壁厚生学園 外観

施設概要

施設情報
住所 茨城県桜川市真壁町亀熊852
TEL:0296-55-2578
e-mail:selp.makabe@au.wakuwaku.com
事業内容
生活介護事業/短期入所事業/
グループホーム事業
/日中支援事業

アクセス

施設の特徴

真壁厚生学園 創作活動

創作活動で『見いだす』
個々に持っている能力に応じてさまざまな活動を行い、各個人のできることを見いだせるよう取り組んでいます。

真壁厚生学園 生産活動

生産活動で『見いだす』
園芸班、室内作業班、洗濯班があり、あいさつや規律など、仕事に対して基本的なスキルを身につけます。

真壁厚生学園 楽しみの場の提供

『楽しみの場』の提供
旅行や外出、季節ごとのイベントなど、さまざまな楽しみを企画し、行っています。

真壁厚生学園 住まいの場の提供

『住まいの場』の提供
安心活健康的に日常生活を送っていただけるよう、生活のさまざまな支援、介助を行っています。

真壁厚生学園 運営

ご利用者さまの声を活かした運営
自治会が盛んです。役員が中心となってご利用者さまの声を園の生活に反映しています。

真壁厚生学園 園内美化活動

園内の美化に力を入れています
ハウスキーピングに力を入れているので建物内外がとてもきれいなことが自慢です。